無職813日目

今日の一言

来年3月まで、否、欲を言って来年8月までの腐らない日用品を殆ど揃え終わっている。あとはトイレットペーパーを買い足すかどうかというところまで来た。

日用品は基本的に近所のドラッグストアかホームセンターで揃えているのだが、車を持っている訳でもなければ買い物に時間を割きまくれる訳でもない。つまり一度に持ち運べる量が決まっているわけだが、何度も店に行きまくれないということになる。最大量を筋力をフルに使って運ぶようにしているのだが、如何せん限界がある。体育会系でもなんでもないアラサー無職文系である、それは仕方がない。500mLペットボトル飲料水1ケース24本を片手で運びながらトイレットペーパー18ロール3パックを持ち、尚且つ洗剤の詰め替え(徳用)を5,6本一度に持てるならそりゃこんな悩みはないかもしれないが…。

そんなわけで文明の利器とサービスを利用する。そう、Amaz◯nである。定期おトク便を使うと少し割高かもしれないが、玄関先までペットボトル飲料水2ダースを持ってきて貰える。あと私がやることは玄関から自分の部屋まで階段で水を運ぶことだけなので、極めて楽である。

そんなAmaz◯nだが、「こちらもおすすめ」とか「チェックした商品の関連商品」とか「この商品関連のスポンサープロダクト」とかいった感じでよく商品を勧めてくる。大抵はプロテインバーだとか別のブランドの飲料水とか付箋とか電源タップ用のコンセントキャップとかが出てくるため役に立つのだが、時たま「お前なんでこれを私に勧めようと思ったんだよ」と言いたくなるような商品を勧めてくるのである。

まだマシな類だとワインボトル背負ったアヌビス神とかデカい丸カンとか光る目覚まし時計とかなのだが、時たま何をトチ狂ったのか「ポケ◯ンのぬいぐるみ(ユキハミ)」→「ブロッコリーのぬいぐるみ」のぬいぐるみコンボや「ポ◯モンのぬいぐるみ(ウールー)」→「揺れる液体シリコン充填高襟シリコンバスト」の謎コンボをかましてくる。何なんだ。私にその手の趣味はない(揺れる液体シリコン充填以下略のカスタマーレビューを見たら新たな世界を垣間見てしまった)。

コンセントキャップや付箋は普通にその親戚みたいなやつを勧めてくるのに、ぬいぐるみだけ何故にそんなにぶっ飛んだ商品を勧めてくるのか(そして私はぬいぐるみをAmaz◯nで買ったことがない)。

自分をAmaz◯nに知られすぎているというのはどうかと思うが、知られなさすぎているというのも考えものだなと分かった1日であった。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする