無職1091日目

今日の一言

ちょっと前に無職1000日目だぜヱ―イみたいなことを言っていた気がするが、もう早くも無職1100日目の大台が見えつつある。人生の加速度が最近増してきているな。

朝から筋肉痛に襲われつつも起き上がり、洗濯が歯医者からの帰宅時間くらいに完了するよう予約し、服を着て賞味期限の切れた完全食のパンを食う。まだ10個くらい残っているが、40個あったパンが残り10個になっているのは凄いと思う(一番凄いのは賞味期限が切れる前に食い切ることだが)。

その後計画を実行すべく公共交通機関に揺られ、途中で下車してそこから歩いて歯医者を目指すことにした。いつものルートだと余分に時間と距離と金がかかるので、短縮することにしたのである。この短縮のメリットは時間と距離と金の節約だが、デメリットは疲労とアップダウンの激しさである。春の陽光の中ガンガンに歩く。この近辺は市内でも栄えた地域であるので、多くの人が行き交っていた。

そこから更にガンガンに歩く。自分が見知った景色が見えてきだした頃には、歯医者の予約時間の20分ほど前だった。そのまま歯医者自体30分くらいで終わったが、診察代を支払う段になって100人待ちとかそんな感じになっていた。午後2時からオンライン面接があるのだが、そもそも私は今日面接等を行う場合は午後3時からにしてくれと事前に申し送っていたはずなので相手企業がこっちの話を聞いていない状態であった。そのため、昨日メールにて応募自体の旨を送っていたのだが、そのメールが閲覧された気配がない。頑張れば午後2時に帰宅できないこともないが、この待ち具合だと多分難しいだろう。診察が終わったのが12時30分で、診察代の支払いのために今20分くらい待っている状態だった。このままいくと多分歯医者を出るのは1時過ぎとなるだろう。そこからバスを捕まえるか歩くかして帰宅するとなると、確実に2時を過ぎる。メールが読まれていることを願い、ゆっくりすることにした。

まず待ち時間の間に歯医者と根城の中間地点くらいにあるモスバーガーでテイクアウトの予約をする。マッケンチーズコロッケとネーブルコーラ、ポテトとオニオンリングも付ける。支払いは多分不用品を売って得たポイントでできるはずである。

その後順番がやってきたので支払いをちゃっちゃと済ませ(この時点で午後1時過ぎ)、再度来た道を歩く。予約していた受け取り時間付近にモスバーガーに入店し、代金をポイントで支払って恙無くテイクアウトする。春の少し暑い陽光の下で飲むネーブルコーラは美味いな。

どこか良い感じの公園とかでゆっくり腰を落ち着けてバーガーを食おうと思ったが中々見つからず、仕方なくバス停のベンチで食うことにした(ちなみにバスは40分後に来るらしい)。若干熱々ではなくなりつつあったが、それでもバーガーは美味い。ただ、ネーブルコーラの印象が強い。マッケンチーズとは「マカロニ&チーズ」の意であり、新しいチーズの種類ではなかった。若干今年の1月に経験したケンタッキーでのクリーミーコロッケフィレサンドの二の舞となりつつあったが、どちらも美味かったことには変わりない。マッケンチーズが若干バーガーとしては食いにくいが。「パン!マカロニ!揚げ物!レタス!パン!」みたいな感じだった。

腹ごしらえをして生き返り(マジで空腹だった)、バスを待つよりも歩いて帰るかと思い荷物を手に立ちあがったら老婆と目が合った。次に来るバスについて知りたいようだったので20分ほどしないと来ないと伝え、ネーブルコーラを飲みながら山を越える。帰りは向かい風が半端なかった。人生も向かい風が半端ない。

根城の近くまで来た折、一際強い風が吹き、一瞬自分の周りを桜が乱舞するという現象に見舞われた。特に祝福されるべき身分でも境遇でもないが、桜にはそんなことは関係ないらしい。

帰宅して洗濯物を干してから、明日のバイトの面接の用意を済ませつつ、不用品の登録を進めた。不用品の登録をするだけで一苦労だな。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする