無職332日目

昨日と同様に朝から完全食の粉を牛乳に溶かして飲み、HIITをこなす。このトレーニング、時短という点ではかなり優秀なトレーニングだと思う。家の外ではやりにくいけど。

その後郵便局に売れた品を持って行って発送作業を済ませ、電車に飛び乗り地方の田舎都市に向かう。

セブ〇レに寄って炭酸水を購入し、駅前のカラオケ屋に向かう。

カラオケに行く頻度が年に1回とかそれ以下に近いので、次に行く頃にはカラオケ屋のシステムを忘れている場合が多い。

そして謎にドリンクのオプションを付けられる羽目に遭う。

そもそも外の看板に「昼のフリータイム!」とかって書いてあるのに昼のフリータイム受付でお願いしようとしたら「終了しました」って言われるのは何なんだろうか。

何はともあれ4時間ぶっ続けコースである。

大都会に始まり創聖のアクエリオンにエヴァンゲリオンに天城越えに津軽海峡冬景色。若者ウケも狙ってようこそジャパリパークへも入れる。時たまマニアックな曲で全国1位を狙う(ただし2人中)。そして時たま英語をやる。

平日の昼下がり、4時間ぶっ続けで歌いにくるやつ。確実に店員の噂になっている気がする。

廊下ですれ違う人は大抵若者か時間を持て余した年寄りである。

そんなこんなで4時間後にヘロヘロになりつつ会計を済ませようとしたら、自動会計機の使い方がわからない年寄りに遭遇し、半ば自動的に使い方を教える流れになる。給料も出ないのに年寄りの相手できるかよと内心思わなくもないが、取り敢えず善行を積んでおく。年寄りは年寄り料金で歌っていたようだ。

そのまま電車に飛び乗って帰り、簡単に飯を食い、筋トレを済ませ家事をこなす。

変則的だが夕方から理系科目を勉強し、風呂に入る。カラオケ作戦が功を奏したのか確実に減量していた。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする