無職333日目

無駄にゾロ目となってしまった。本来なら昨日一昨日と試験だったのだが、こんなところまでこんな感じで来るとは去年の4月には予想もつかなかった。

いや、多分可能性の一つとして想定はしていたと思う。

そんなこんなで今日も朝は完全食の粉を牛乳に溶かして飲むことにする。

その後HIITをやる。流石に少しずつ負荷に慣れてきているようである。運動不足で勉強不足な私だが、筋トレは毎日進歩が見られるのでどうにかこうにか昨日の自分よりは進化しているのだろう。微々たるものだが。

午前中に理系科目を勉強し、昼飯を食う。午後は英語と二次試験を意識した時間配分にする。なんかエラい人が自分を変えたければ人間関係、住む場所、時間配分を変えろと言っていたような気がするので時間配分と住む場所を変えようと思う。

PRESIDENT Online:大前流「自分を変革する」3つの方法

人間関係?今はほぼ人付き合いを絶っているとはいえ、昨年役所に出す「無職だよ証明」を書いてくれた友人や「何年もズルズル医学部受験すんなよ」と叱咤してくれる友人、「医者になったら送金してくれ」という謎のお願い(激励?)をする友人、時たま会って馬鹿話ができる友人がいる。叱咤し、激励し、そして馬鹿話ができる。得難い友を私は四半世紀の間に得ることができた。今の時点では人間関係を変えようとは思わない。少なくとも的確に叱咤してくれる友人はそうそう手放したいものではない。千里を駆って探したわけではないが、約100kmかけて大学に通った甲斐があった。

そんなこんなで時間配分と住む場所を変えようと思うがなかなか住む場所が見つからない。

夕方には筋トレと家事を済ませ、夜は暗記科目をやる。

やはり家からあまり外に出ないとなると減量効率が悪い。

早めに寝て明日朝の計量にかける。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする