無職809日目

今日の一言

先日誕生日を迎えた友人を祝うことにした。とはいえどっかの店で飯でも食うか、というわけにはいかないため流行りに乗ってテイクアウトでもして、どっか公園ででも食おうぜという話になった。集合場所はお互いの住まいの中間地点。その近辺にはお誂え向きの景勝地がある。

そうと決まれば早めに集合場所に向かうに限る。やることが大いにあったため手始めに銀行に向かって諸々を済ませ、道すがら◯ーソンで朝飯を買い、Lチキを食いながらその近くの郵便局に向かってフリマサービスで売れたものを発送し、その近所のスーパーで飲み物などを購入し、更にその近辺の100均でちょっとした物を調達し、近隣の本屋でAmaz◯nに定価の2倍で出品されていた本を見つけて定価で購入した。位置的には銀行と郵便局を直径とする円の中に◯ーソン、スーパー、100均、本屋がある感じである。

テイクアウトの予約時間まで30分くらいあったため、集合場所で水を飲みつつ英単語をやる。晴天の方がありがたいとは思っていたが、ここまでの晴天とは。

取り敢えず時間が来たためテイクアウトを取りに行き、中身のカレーを溢さないよう(元々密閉できる容器に入っていたが)気をつけつつ食中毒とかになっても困るのでなるだけ涼しい場所にいつつしながら友人を待った。

珍しく時間通りに来たため、早速景勝地まで向かう。片道3kmくらいの道中、互いの近況を話したり世間話をしたりした。どうやら友人はこのコロナ禍で精神的に参っていたようだ。8年くらいの付き合いだが、彼がアウトドア派だと初めて知った。まあそんなこともある。

最近(といっても何ヶ月も前だが)友人は非常勤講師として大学で働き始めたらしく、そこでの話や隣人の近所迷惑の話、コロナ禍の話、大学の指導教官の話、学会の話など約4か月ほど会ってなかった我々の間に話が尽きることはなかった。私は私で二次試験の話、実家に帰省した話、自粛期間中の話(とはいえ3年くらい自粛しているようなもんだが)などを話した。日差しは強いが、川のせせらぎや山の木々のお陰で風は涼しい。

途中蛇にエンカウントしたりしたものの特に問題もなく景勝地に辿り着いた。割と山奥なので人が少ないだろうと踏んだが、予想よりも人が多かった。そのうえコロナ対策なのか、付近のベンチにはロープが張られている。5分くらい景色を眺めたが流石に立ってカレーを食うわけにもいくまいということで途中の休憩所に引き返した。

テイクアウトしたカレーはスパイスが効いており絶妙に美味かった。また、3種類のカレーがあったため、食べ比べするに十分な量だった。

カレーを食いながら世間話や互いの話の続きをしていたのだが、友人の話す「ヤバい学生烈伝」みたいなやつがめちゃくちゃ面白かった。Google翻訳信者みたいな学生の話や、どう真面目な学生の能力を向上させるかに重きを置く友人がエンカウントした学生の話など、話題が豊富にすぎた。「何でもGoogleで検索すれば良いと思っている学生」は私が大学生だった頃も存在したが、今はどうなっているんだろう。

友人は非常勤講師の面接で「今まで見たこともないような学生が集ってます」的なことを言われたらしいが(RPGのボス戦前の確認かよ)、真面目な学生は真面目だと言っていた。そりゃまあ我々の所属してた大学だって学生はピンキリだったしなガハハ!みたいなノリでサイダー飲んだり水飲んだりカレー食ったりしていた。

世間話で言うと兵庫県の宝塚市でのボウガンを家族に撃った高校生の話や某芸人の不倫報道の話が出てきた。テレビも見ずラジオも聴かずネットニュースも見ず新聞も雑誌も取らずSNSもやってない我が身としてはニュースの類に疎いのだが、前者は親から概要を聞いた覚えがあり、後者は当の友人からあらましを聞いた。「他人の結婚事情とか割とどうでもええが、世間の人は何をそんな気にするんやろな」というようなことを友人は言っていたが、世間を気にせず無職文系を続けている私に言われてもわからんぞ。取り敢えず「暇やから気になるんじゃね?」と返しておいた。

数年前某芸能人が離婚届のことを「卒業論文」と称したことが有名となった不倫報道があったが、その頃私含め同期は(本来の意味での)卒業論文に追われており、同期ともども「卒論のことなんもわかってない奴やな」「卒論で苦労してから言え」みたいなことを言いながら最後の追い込みをやっていた(彼ら彼女らが本来の意味での卒業論文を執筆したかどうかはわからないが、ちゃんと取り組んでいたならばそんな発言は出てこないはずである)のを思い出した。

カレーを食ってひと段落したため、麓まで下りることにした。帰りは行きと違って下り坂であるため少し楽である。

麓で別れ際にコロナ禍のために就職先を探そうにも探せず、不完全燃焼感もあるため(2年もやったのに!)続投するわと伝えた。互いに幸運を祈りつつ私はバス停へ向かい、友人はチャリを漕いで帰った。

特に家に篭っていても気にならないタイプだが、やはり人と会って話をするのは良いものである。

帰宅後は汗まみれのために速攻で風呂に入った。運動、即入浴。精神的にめちゃくちゃ健康になった気がする。

鯉王

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする