無職964日目

36日後に無職1000日目を迎える文系

私鯉王が一人暮らしで尚且つ家にテレビを置いておらず、新聞も雑誌も購読せず、ネットもそんなに閲覧しないという限界無職文系野良再受験生であるというのは、今までの記事でも再三お伝えしてきた。何せ今年2月の面接で新型コロナウイルスの感染拡大について尋ねられた時、『エッそんな広がってんの?』と内心驚きながら受け答えをしていたほどである。

その時の轍を踏まぬようにちょっとはニュースの類も時たま閲覧するようになったので、政権交代とアメリカ大統領選挙におけるゴタゴタは割とリアルタイムで知ることができたのではないかと思っている。多分このままこの生活を続けていたら私の知らぬ間に日本が滅んでてもわからないんじゃないかと思ったりもしなくもない。

まあそんなこんなで本日ニュースを閲覧していたら、こんな記事が見つかった。

元島根大病院医師が入院患者にわいせつ行為 容疑で島根県警逮捕、3回目|毎日新聞

医師法について詳しく知ってるわけではないが、これは医師免許剥奪等にはならないのだろうか。医師国家試験の受験時に戸籍抄本(戸籍の形態的に謄本の場合もある)の提出が必要なのはそこから照会をかけるためだと思っていたのだが、医師になってからはまた別なのかもしれない。

いやそれよりも自分と1つしか歳の変わらない医師がわいせつ行為を行っていたということの方が驚愕だし、わいせつ行為があった昨年夏頃(記事には2019年6月とある)から今までそんな事件があったことが明るみにされなかったことにも驚きを隠せない。というか後者の驚きの方がデカい。地域医療の中核を担う病院ゆえ混乱を恐れたか、政治的な力が働いていたか。真相は定かではないがこのニュースも数日も経てば人々の記憶から薄れていくのだろう。ちなみに以下のような検索結果も出てきた。個人的にどんな演題だったのかに対する学術的興味があるが、ホームページは準備中となっていた。

Googleでの検索画面
上の検索結果をクリックすると、この表記となった。2020/11/27現在、検索結果は出てこない。

本日の勉強時間:0分

残:928時間32分→928時間32分

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。 実績解除:合格

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする