無職995日目

5日後に無職1000日目を迎える文系

そんなこんなで頬が痛むが(何しろこういう傷は怪我した瞬間よりもしばらく時間が経ってからの方が痛いのである)、今日も唐揚げを揚げる。

懲りてない奴だなと思われるかもしれないが、冬場の揚げ物は飯になるというだけでなく調理によって暖を取れるという利点もある。あと冷蔵庫を占拠する和風テイストの漬け込みのニンニク臭が1日くらいしか耐えられないというのもある。

和風テイストは和風テイストで(というか唐揚げは元々和なのでは?)美味かった。ただ、蜂蜜が効きすぎて少し甘めの味だった。子供とかには好かれそうだが、何しろアラサー無職文系なのでもうちょっとガツンとくる味が食いたいのである。

閑話休題。

しかし部屋の片付けが遅々として進まない。床の上が本と書類の大海原である。そして私にはモーセのように海を割る技術がない。

本日の勉強時間:1時間19分

残:900時間57分→899時間38分

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする