無職1025日目

今日の一言

昨日に引き続きまだどうなるかわからないため、取り敢えず現時点で行えることを行いながら20日の午後1時を待つことにした。

何はともあれカモフラージュ的に山に登る。息切れが激しい。山頂に至るまでは寒かったが、山頂では丁度昇り始めた陽の光を浴びることができた。

午前9時になってからまずは定期預金の解約。これが最後の定期預金の解約になる。この資金が尽きたらマジで無一文となるため、今後は更に切り詰めた生活を送っていくことになるだろう。あと20日の状況によっては即刻バイトに邁進することになる。無職文系珍道中マルチエンディングバッドエンドルートである。

そして出身高校への書類申請。卒業後5年を経過しているので調査書も成績証明書も出ない。しかし出願の際にはそれらの書類が出せない旨を記した文書の提出が求められる大学もある。高校生の皆、調査書や成績証明書は余分に取っておこう。何かの役に立つかもしれない(古い時期に出されたそれらが有効かどうかはわからないが…)。こういった書類申請はすぐに書類が出来上がるわけではない場合が多い。出願が決定してから申請してからではちょっと遅いので(ただでさえ宅配便の百鬼夜行や資源ゴミの処分、換気扇修理立ち合い等で早急に根城に戻る必要があるのである、出願決定後からの動きは迅速である必要がある)、無駄になるかもしれないが先に申請しておくことにした。郵送代金等含めても2,000円も行かないのである、まだ懐事情的に困るというほどではない。

更に各種バイト情報、SUUMO、Booking.comのアプリのダウンロード。どうせなら全部盛りで行こう。

箸休め的にリコーダーを吹く。久方ぶりに吹いたので、盛大に肺活量が落ちており息切れした。実家に滞在することが許されている期間中は毎日リコーダーを吹こうと思う。

また、タダで実家においてもらうわけにはいかないので洗濯、掃除、ゴミ捨て、郵便物の受け取り&送付も行う。

明日の午前中には根城帰還のための荷物の整頓を終わらせ、午後からの怒涛に備えることにする。

本日の勉強時間:0分

残:865時間32分57秒→865時間32分57秒

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする