無職1074日目

今日の一言

前期分の土産を渡すために友人に会いに行った。バスに揺られ、待ち合わせ場所にゆく。

互いに近況を報告し、前期で不合格となったこと、そして後期受験しに行くことを伝えた。

その中で「後期も不合格になったらどうするのか」と尋ねられた。現状どうするか、どうすべきかがわからないと正直に伝えた。再度受験をするにも年が年だし、この春できっかり無職3年になるわけでもある。つまりこの春以降続投する場合4年目が始まるということでもある。

それを聞いた友人は「まあまだ3年やしな」と言っていたが、文系大学生の頃の指導教官といいこの友人といい無職に対する寛容さが段違いである。

当事者である鯉王すらも「もうこの春で3年過ぎ去ったことになるのか」と「もう3年か」と考えていたのだが、友人の「まだ3年」の言葉に少し元気付けられた。後期の土産も渡そう。

明日には移動するので食べ物を買うわけにもいかないのだが、如何せん空腹が著しい。バスは40分後にしか来ないため、近くのイ◯ンでおにぎりとサラダを購入した。不用品を売却しておいてよかったぜ。

帰宅してそれらを食いながら英語の対策をする。何が出るかは不明だが、なるだけやれることをやりたい。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする