無職1099日目

今日の一言

朝目が覚めたらTシャツにパンツ一丁という残念スタイルで寝ていたようだった。しかも布団が汗で濡れている。しかしそんなことも言っていられないので取り敢えず服を着替え、バイトの面接に向かうことにした。微妙に公共交通機関に揺られ、微妙に歩く。朝からというか昨日の夜から何も食っていないので腹が減った。しかも革靴を履いたら昨日拵えた靴擦れと擦れてクソ痛い。「ぬぅおわっ」と素で言ってしまった。

面接会場に到着したのが面接開始の30分前で、店舗が開いている様子はない。しかも私は腹が減った。歩いて7分の所に〇ーソンがあるらしいので、歩く。その間も微妙に靴擦れが痛かったが人間食欲には勝てない。〇ーソンでいつものLチキレッドとクリームパンの黄金の組み合わせと水を購入し、歩いて面接会場に戻りながらLチキレッドとクリームパンを食う。美味いけど山賊焼の方が満足するな…。

丁度良い時間になったので店舗に入り、テーブル席的なところに座ることになる。履歴書を持ってこいとは言われなかったのでどうするのかと思っていたら、向こうが用意した用紙に記入することになったのでまあ色々と記入する。

暫くして店長がやってきたので面接が始まった。取り敢えずこちらの言い分としては週3~4日程度、土日祝特に問題なし、ただ試験の実施日程によっては休みをもらうことになるというのを伝えた。どうやら交通費を支払いたくないようでチャリで来てほしいらしい。徒歩で約30分、チャリだとその半分というところか。何かほぼ採用に近い感じということで面接が終了した。

帰りにバスにでも乗るかと思ったが、ちょうど自分が乗りたいバスが私を追い越していったのと、家までの道中にあるコンビニに寄りたかったこともあり歩いて帰ることにした。微妙に曇天だが、雨は降らなかった。若干暑かったが。しかし靴擦れのある足&昨日一日立ち仕事をぶっ続けでやっていた足で30分歩くのきつくね?と思っていたが案外そうでもなかった。

コンビニに寄り、ATMで金を下ろそうか(ついでに昨日Timeeで働いた分が入金されているか見るか)とATMコーナーにやってきたら、なんか物々しい装備の人がATMの点検をしていた。暫く点検が終わりそうにないので雑誌の表紙を見たり昼飯になりそうなものを総菜コーナーで探したりする。特にめぼしいものは見つからなかったし、流石に今日も山賊焼を食うわけにはいかない。さっきLチキ食っちまったし。

ATMの点検が終わったらしく、金を下ろして帰宅する。お次は家の近所で13時からまた別のバイトの面接である。こちらも履歴書は必要なし。再び革靴を履いて「ぬぅおわっ」とかって言いながら歩いて面接先に向かう。今度の面接も割と軽い感じで終了し、年末年始やゴールデンウイーク等に入ることが可能かと尋ねられた。そこに試験が無ければ可能ですねと答えた。私は金と試験のために生きる無職文系である。そんなこんなで水曜日くらいには結果がわかるらしい。帰りに近所のコンビニに寄り、決済手段にチャージした。でもって肉とおにぎりを買う。

帰宅後は肉とおにぎりを食いながらガス報知機のリース代をLINE Payで支払い、電話がかかってきたので出ると、また別のバイトの応募先からの面接の時間調整に関する電話だった。どうやら月曜に面接をしたいらしい。しかし電話での口ぶりからすると即採用に近いものを感じた。そうなるとこちらは徒歩10分くらいで行けるのに対し、朝から出かけて行ったバイト先は徒歩で30分くらいかかる。時給に大きな違いはないとなるとこの近辺で済ませておいた方が良いのではないか。しかも時間帯も被ることだし。ならば明日朝面接したバイト先は断りの電話を入れておこう。

夕方に、昨日フリマサービスで物が売れた分の発送をしに行った。もう少し好調なペースで売れてくれると良いのだが…。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする