無職1112日目

今日の一言

そんなわけで本日が運送会社での初仕事の日である。午前5時に何の問題もなく目覚め、朝飯を食って運送会社に向かう。徒歩5分で着く距離なので、勤務開始が午前6時からにも拘らず午前5時40分くらいに到着した。

現場の総括者みたいな人を探し、諸々の勤務手続きを済ませて勤務開始となったが、のっけから重量級の荷物が山と積まれている。運送会社での人手不足が叫ばれる理由もさもありなんと思うほどのAmaz〇nの箱の山。あとなんか謎にデカくて重い箱。

鯉王は無職文系であるが故に無職になる前も、無職になってからも基本的な重量物は自力で全て運ぶ生活を送ってきており、ちょっとやそっとの重量物では困らないだろうと考えていたが、そんな私の目論見を易々と打ち破るほどの荷物の量&重さだった。

あとやること多すぎてわけわからん感じであるし、冷凍・冷蔵系の荷物もクソ重いし冷凍庫がクソ寒いしでてんやわんやである。2時間の勤務だが、飛ぶように時間が過ぎていった。

先週に滑り止め付軍手を用意してほしいと言われていたが、軍手じゃ滑って上手いこと荷物を運べない。前にTimeeでの勤務用にと購入したゴム付手袋の方がこの勤務では役に立つだろうので、そちらを明日から使うことにしよう。

這う這うの体で家に帰り、疲れたので暫し横になる。こんなんでこの先やっていけるのだろうかと若干不安になったが、生活のことと編入試験のことを考えるとそうも言っていられない。それにキツいのはこの週だけで、本来なら金曜日は運送会社での勤務はない。

そんなわけで飯を食い、午後からの勤務に備える。勤務先のスーパーは週の勤務時間上限が設定されており(多分大抵のスーパーにおいてそうだと思われる)、初出勤の月曜に4時間勤務し、シフトの判明した水曜に6時間勤務しているので、今週の勤務可能時間が残り9.5時間ということになる。なんだか投手の球数制限みたいだなと思ったが、まあそういう決まりならそういう決まりでやるだけである。今週の残り勤務は本日と土曜だが、均等に4.75時間ずつ勤務するのか、1日を3.5時間、もう1日を6時間で分けるのかどうするのかは全くもって不明だった(というか現状を誰も知らないんじゃないか?)。この勤務先、不明点が多すぎる。何といっても労働条件通知書を貰っていない。労働基準監督署にバレたら確実に起こられるんじゃないか?

勤務先に赴いて尋ねると、本日を3.5時間、明日を6時間勤務してほしいとのことだった。そんなら今日は気楽に3.5時間働くかという感じで勤務することにした。気楽にとはいえ、朝から2時間運送会社で働いているので疲労は割と多い。しかも明日はもっとキツい状況での勤務となる。賃金に見合った働きを淡々とこなす感じで進めることとした。

15時過ぎに勤務を終え、帰路に就く。肉体的に割と疲労が溜まっていたが、そうも言っていられない。明日の勤務で着る予定の服を洗濯し、早めに風呂に入って寝ることにしよう。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする