今日の一言

朝から散髪の予約を入れていたので、チャリでも漕いで散髪屋に向かうことにした。ついでにその近辺にあるワークマンに行って靴でも買うことにした。

しかし昨日根城から実家に帰ってきたばっかりで、外に着ていける服が半袖のTシャツしかなかった。

一応上にパーカーを羽織るとはいえまだまだクソ寒い2月である。かといって実家に置かれていたフリース生地の薄くなったパジャマを着て外に出かけるのも気がひける。どうしたものかと頭を抱えていると、

母親「散髪もパジャマも「ぱ」が入っとるからええやん」

何も良くないし意味が一つもわからない。

上半身パジャマで公共空間をうろつく1 アラサー無職文系は流石に字面的にも存在的にもアウトだろ。

結局、どこに保管されていたのか全くの不明である謎の長袖の服を着て(これならギリいけるはず)、パーカーを羽織り、チャリを漕いで散髪屋に向かった。

散髪を終え、斜向かいにあるワークマンに向かう。祝日だったのでまあまあ人が多かった。スニーカーを見るついでに来冬に備えて長袖のそれ一枚で防寒・防風・防雨OKのフードのない羽織りもので、屋外も屋内も行ける服(服界のチートかよ)を探すことにした。

m◯nt-bellにはそれらしきものがありそうなのだが、いかんせんm◯nt-bellはm◯nt-bellなので無職には手を出しづらいお値段なのである。1週間分(7着)も揃えるとなると困難を極めることこの上ない。

探してみるとあるもので、柄や色味はアレかもしれないが良さげな服を見つけた。早速試着すると、恐ろしい事実が判明した。

服のファスナーが留まらないのである。

一瞬で脳内を駆け巡る原因の数々。ここ最近の食生活の不摂生、早朝の荷運びを退職したことによる運動量の低下、リングフィットもサボりがち、加齢、その他諸々、諸々。

4月には健康診断がある、あと入学式もある。せめてスーツは入るようにしておきたい。

取り敢えず服があることはわかったので、靴と滑り止め付き手袋を購入して店を出た。

チャリを漕いで家に帰り、大学に提出する書類を作り、午後から授業料徴収猶予申請のために必要な書類を取りに田舎の地方都市に向かった。所得証明書は1月1日が基準日となるので、実家のある市役所に赴いて取得する必要がある。とはいえかつての勤め先である本庁ではなく、出先機関で取れるので大した問題ではない。午前中にコピーする必要があったからというので運転免許証を実家のプリンターの上に忘れていたことを除けば。

本人確認書類を忘れるというトラブルに見舞われたが、まあなんとか取得できた。

帰宅後は確定申告を進めることにした。私の根城は楽天回線エリア内にもかかわらず楽天回線が全く繋がらないので、Wi-Fiの生きている実家で全てのパソコンを使う作業を終わらせる必要があるのである。e-taxでやってやるぜと意気込んでいたら、パスワードの入力を求められた。利用者識別番号はわかるが、パスワードは果たして何だったかなと頭をひねる。最初に定めた厨二病全開のパスワードは弾かれた。さてどうする。宗教上の理由によりマイナンバーカードは持ってない。

仕方がないので、郵送での申告をすることにした。マイナンバーの入力を求められたが、クレカの番号は覚えていてもマイナンバーはまだ覚えていないし通知カードは根城だ。

e-tax「MN(マイナンバーの略)打てへんならマイナンバーと今の住民登録地の住所の載ったなんかの写がいるで!」

実家で完結できないのはキツいが、書類送るだけでいいところまで行けるなら特に問題はない。確か前にマイナンバー入りの住民票を根城のある市で取得した覚えがある。それと確定申告の書類と免許証のコピーを一緒に送れば万事解決だ。

取り敢えず確定申告はケリがつきそうで、後は授業料徴収猶予申請の書類を揃えて送れば万事解決である。…猶予してもらった後に授業料を用意できるかどうかは現時点では不明だが。

いやぶっちゃけ無理である。

大体一回目の大学生活だって家に金がなさすぎて授業料免除しまくってもらってた身だ。無職文系ならなおさら支払えないだろ。

これに関してはマジで「年寄りの金のないヤツは大学に来んなよ」ってニュアンスの新制度を作ろうって提案したヤツ(文科省)を一生涯恨むし私の墓碑には「文科省マジで許さん」って刻んで欲しい。

  1. 実際は上からパーカーを羽織るので、上半身パジャマになるのは散髪屋の中だけなのだが []
1 2

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。 実績解除:合格

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする