気が付いたら年末になっていた。

「後期は更新しまくれる気がする!」と言っていたのが2か月ほど前だ。

気が付いたら大晦日になっていたし、大晦日も労働に明け暮れていた。

そもそも大学が12月27日まであった。無職以上に暇のない大学生活である。

ひとつ前の記事で「後期は更新しまくれるはず!」みたいなことを書いていた気がする。あれは残像だ。

11月上旬…そう文化の日くらいまでは暇だったんだ。昨年水道が止まりかけた文化の日くらいまでは。

思えば遠くに来たものである。昨年は無職として労働に明け暮れていたかと思いきや、今年は学生として大学の授業がなくなったら労働に明け暮れているのだから。

4月にはつい最近まで無職やっていたにも拘らずいきなり人体解剖に明け暮れることになり、

5月にはつい最近まで文系をやっていたにも拘らずいきなり巻矢印を書きなぐることになり、

6月にはつい最近まで不可とか取ったことがなかったにも拘らず人生初の不可を食らうことになり、

7月にはつい最近まで新型コロナウイルス感染症とは無縁の生活を送っていたにも拘らず新型コロナウイルス感染症に罹患し、

8月にはつい最近まで人間関係の面倒ごととは一切関係ない無職生活を送っていたにも拘らず人間関係の煩わしさに辟易し、

9月にはつい最近まで一人で編入試験の遠征に出かけるだけだったにも拘らず10歳くらい年下の同級生と合宿というか旅行というかに出かけることになり、

10月にはつい最近まで実験とか無縁の生活を送っていたにも拘らず実験とか実習とかやりまくって、

11月にはつい最近まで貧困にあえぐ無職だったにも拘らず奨学金等が支給され、

12月にはつい最近まで試験に明け暮れていたのに大学が休みに入った途端労働に勤しむようになっていた。

新天地に転居もした、身分も変わった、不可も食らった、年下の友人もできた。また不可を食らった。

この1年はいろいろなことが起こりすぎた。

FANBOX 更新できてねえ問題

またあれからネタがさらに増え、FANBOXを更新せねば自分の中で折り合いがつかないレベルにまでなってしまった。

医学部入学前は「これからは『人間力』で勝負する時代~」だの「精神性が大事~」だのといった「妄言」を医学部界隈で見る度に「何言ってんだテメェらはよォ~~!」とかって思っていたが、医学部に入学して、

DOWNLOADED完全に理解した

となった。

そうなるに至るエピソードは枚挙に暇がない。この辺もFANBOXの方で隔週くらいのペースで更新していきたい。

タイムマネジメントis大事

今年こんな本を読んだ。

やはりタイムマネジメントは重要なのだろう。それが出来ていないがゆえに今色々と苦境に立たされているわけなので…

そして、この本も折に触れて読むなどした。

来年はタイムマネジメントを頑張っていきたい。この辺はまた2023年の目標的な記事で記す。

何はともあれ

今年もお世話になりました。来年も本ブログ「無職文系~医学部行ったら本気出す~」及び執筆者:鯉王をよろしくお願い致します。

文系社会人を経ての無職。からの学生。 本業は医学生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする