無職165日目

目が覚めると午前6時20分だった。

少し肌寒く、外はどんよりとした曇天だった。

朝食後、今日は気合を入れて日本史の参考書を読む。大正の終わりから太平洋戦争の終わりまで一気に駆け抜けた。

その後クソネミの嵐に襲われたが、目を覚まして数Bの問題を解く。高校時代理解に至るまで時間がかかったことも、今となってはサクサク理解が進む。歳をとったおかげだろうか。

昼食後は読書し、ちょっとした問題を解く。再びクソネミの嵐に襲われつつあったが気にせず細々とした家事を終わらせ、夕食を完全食で済ませる。

明日は明後日のハローワークの手続きの準備をしつつ、問題を解き進めていきたい。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする