無職326日目

目がさめると午前6時40分だった。

朝食を済ませ、朝のルーティンをこなし、前にまとめた医療費類のExcel表を作る。還付されるかどうかはわからないが、まあ年間何に使ったかを明々白々にしておくのも悪くはないだろう。

社会人時代の分と昨年分を打ち込み終え、昼飯を食うことにする。

また、ついでに他の雑務も明日終えるようにするため、諸々の書類を取り出して一箇所にまとめておく。そして週末に散髪の予約を入れた。

一連の雑務を終え、理系科目のローテを回し、家事をこなして筋トレを行う。でなければすぐに深夜までオンラインゲームを行う家族が帰ってきてまた七面倒なことに巻き込まれるからである。

ゲーム脳だとかなんかそんな安易なことを言いたくはないが、休日に昼夜逆転生活を送り、すぐに家族に当たり散らすようになり、ゲームとゲームの向こうのプレイヤー中心主義で生きている様子を見るに、なんだか危ないのではないかと思う。

果たして案の定というかなんというか今晩も当たり散らされたため、早々に部屋に退散する。

家事や雑務や光熱費を負担してもらい、自分の思い通りに行かなければ他人に当たり散らして自分の意を通そうとし、ぬくぬく甘々で生きていく人間を見るとなんだかなぁと思う。

いやまあ私は無職の身であるから今はなんともいえないのだけれども。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする