無職330日目

唐突にくら寿司に出かけたくなった。

私鯉王は寿司難民である。いわゆる普通の寿司が食べられない。何なら酢飯もあまり好きではない。正確には生の肉や魚が食べられない。そのため刺身もユッケ何たらも駄目である。一度目の大学生時代奨学金を貰っていたが、一度懇親会(学生交流会みたいなもの)に呼ばれ、昼食で出た仕出し弁当みたいなものに寿司が入っていた。流石にパトロンに失礼はできまいと無理矢理食ったが、何なら御社の食品を食わせろと思った。社会人時代職場の人と食事に出かけることが何度かあった。居酒屋にて刺身が出されたときは刺身のツマばかり食っていた。ユッケが出されたときは無理矢理食ったが、食感と味の情報量が多すぎて自分の脳的にも限界だった。何事も勉強とはいうが、2,3日胃が肉を受け付けなかった。

話を元に戻す。つまるところ「寿司屋に行ってもまぐろとかサーモンとかしめ鯖とかが食べられず、かっぱ巻きとかサラダ巻きとか蟹が使われていないカリフォルニアロールとかでないと楽しめない」ため、「それ以外のメニューや変わり種の充実した回転寿司屋」に出かける必要がある(甲殻類や貝類はアレルギーがある)。

そこでくら寿司の出番である。メニューが豊富である他、くら寿司にはビッくらポンという寿司課金型ガチャが存在する。そのビッくらポンで今月末まで「すみっコぐらし」が登場するという情報を得た。このすみっコぐらしは老若男女問わず癒される動植物・無機物の集まりである。彼ら(性別不明だが)に会うためにはビッくらポンを回す必要がある。

他にも低糖質麺やらすでに寿司ですらないような寿司(シャリが野菜の寿司)が存在するらしい。

いいじゃないか。その方が私は食べられる。

しかしここで問題が生じる。自分ルールの一つに減量を掲げているのだが、努力目標の体重まであと1.6kg痩せなければならない。2月末までに1.6kg。28日にくら寿司に行くとすると、4日で1.6kg痩せる必要がある。2月は短いのだ。

最近色々あったらしいくら寿司だが、目標達成の暁には気にせず出かけることにする。

今日も筋トレに勤しみ勉学に励み摂取カロリーを減らした。目指せくら寿司。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする