模試レポート:2019年度第2回全統マーク模試

自己採点結果

英語筆記:192

英語L:44

国語:190

日本史B:74

数学IA:83

数学IIB:71

化学:71

生物:86

総点:763.8(英語は200点満点換算)

得点率:84%

考察

今回割と「最初に選んだ選択肢にしておけば点数が入ったのに…」とか「あの計算ミスがなければ10点あったのに…」というのが多かった。あと英語筆記と国語満点かもしれんって思った昨日の自分の迂闊さを呪いたい。それぞれ約10点も落としているじゃねえか。

約束通り750を超えたのでハーゲンダッツを選んできます。ピザは頼めなかったけど。それはまた9/15の機会に。

あと驚いたのが今年1月に受けたセンター試験とあんまり点数が変わっていないということ。これをこの半年近く実力が変わらないと見るべきか、それとも半年近く実力を維持できていると見るべきか…。今まで夏ごろのマーク模試は大体500〜600点台をうろついていたので、ある意味では進歩といえよう。

それでも今回のマーク模試で大いに弱点やら今後の課題やらが見つかったので、それを元に更に勉強していくしかない。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする