無職513日目

時たま大いにネタのない時がある。いや別に完全にネタがない一日というわけでもなく、スーパーに食材を補充しに行ったら普通に日常食材を買いに来ている小学生(親はいない)に出くわしたとかそこで買ったパスタ(1kg)の袋に穴が空いていてかつてのメタミドホスを想起したとかまあ断片的なネタはある。曲がりなりにも人生であるがゆえ。

ただ今日は本ブログを見に来られる人に思いを馳せたい。

統計情報を見る限りでは、大抵の人はブログ村のランキングからこちらのブログを読みに来ているらしい。しかし時たま「なにがしかの単語」を検索してここを探り当てて本ブログを知る人もいるようだ。

検索サイトからこちらに来られたことはわかっているのだが、しかし「何と検索して来たのか」は一向にわからないのである。

一度試しに「無職文系」「文系無職」とGoogleで検索したところ、割とすぐ本ブログが見つかったので、恐らくはこれらに関する検索をして辿り着いたのだろう。

受験ブログのランキングを鑑みても検索サイトの単語を鑑みても、閲覧しに来た人が求める情報は本ブログには殆ど無いだろう。というか現時点では提供ができなかったりする。何故なら受験生ではあっても合格者ではないからだ。

逆に野次馬根性丸出しであったり、ただ純粋に無職になった文系がどうなるのか知りたいというのであったりする人にとってはありがたい(?)ブログになるのではないかと思ったりする。

そういう無職の日々の集積が本ブログであり、本ブログの目的がその日々の記録の集積にあるからである。

そしてたまにブログ村ランキングボタンを押してくださる方がいる。めちゃくちゃありがたい。ブログ村ランキングボタンだけでなくアルファポリスのバナーもクリックしてくださる方がいる。1クリックの手間を惜しまずにいてくださる見ず知らずの方がいらっしゃるというのは、普段人との交流が滅多にない鯉王にとっては望外の喜びである。なかなか普段の記録では感謝の言葉を伝える機会がないため、この何の変哲も無い月曜日にそれらのことを書いておこうと思った。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする