無職589日目

今日やったこと

  • 阪大オープン

今日の反省

  • 英語:いくつか表現が出てきそうで出てこなかったのでまた色々書く
  • 数学:なんか全体的にできた気がしない
  • 化学:計算と有機化学をどうにかする
  • 生物:単語をちゃんと覚える

明日はこうする

  • 模試ラッシュで荒れ果てた部屋をどうにかする
  • 肉体の疲労を癒す

今日の一言

午前5時。昨日の疲れはあるがなんとか目を覚ます。Amaz〇nで買い置いておいたささみプロテインバーを食いつつ準備する。予定通りのバスに揺られ、電車に揺られ、一度目の大学生時代に訪れたことのある駅に辿り着いた。

今日の試験会場は実は一度目の大学生時代に英検一級を受験した際の会場でもある。つまり内部構造等はあらかた把握している。あまりRPGっぽくない大学で、ピンク色の大学ゆるキャラが居たはずである。

ただ駅から少し離れているため、歩きながら食料を買い出しながら一路会場を目指すことにした。周囲に似たような受験生らしき人はいない。

あの頃とやってることが大して変わってねえなと思ったが、あの頃が今と変わらないのではなく、今があの頃と変わらなさすぎるのである。

最初に入ったLソンでおにぎりが見当たらなかったためサラダとLチキだけ購入してLチキを食いながら大きな道路沿いを歩く。

ファ〇マを見つけたためおにぎりと菓子を買い込んだ。水は昨日調達済みである。

私学らしい真新しい建物を見ながら入口を探す。どうやら他の大学別オープンも同じ会場でやっているらしかった。警備員が立っていたので案内されつつ会場に向かう。さすが私学、日曜も警備員が居るのか。

早速建物の中を探検して回る。わかったのはトイレが異様に遠いということだった。トイレの数が多いことと、ハイテクなトイレがあることは数年前に把握済みである。暫くこの大学の経営は安泰だろうなと思った。まあ大学を囲うフェンスに『道いっぱいに広がって歩かないように』という小学生かよとツッコミそうになる掲示があったが。なんか抜け道とか隠し通路とか無いのかよと思ったが、それこそRPGである。

探検にも飽きたので開室時間までお菓子を食べて待つことにする。今日一発目のお菓子はバッカス。これは酒分類的にはノーカンだと思っている。

少し早い時間に開室したため、荷物を置き受験登録を済ませる。毎回手書きするのも面倒なので、模試申し込み段階とか模試一週間前とかにネットで事前登録できるようになって欲しい。特にセンター系。まあもう今年度以降大学受験系の模試を受けることは無いが。

今回の試験監督員は年配の男性だった。人手が足りないのでK塾の閑職から召喚されたか、それともアルバイトに来たおじさんなのかはわからないが、全統に比べると手際が良いように思われる。まあ全統よりも環境が良いというのもあるが…。

何はともあれ数学。周囲の受験生の筆が止まっている。私は大問1の一番最初で、文意を掴みかねて3回くらい確認した。結局大問4や5を埋めることに専念した。

そして受験登録、昼飯。昼を割と過ぎても昼飯にありつけないいつもと異なり、1教科終えてすぐ昼飯であるため、昼飯を買い込んだことを後悔————することはない。野菜美味い。ツナマヨ美味い。スーパーおっとっと美味い。試験の時に食べる昼飯は格別だ。

英語はS台とK、どちらも過去問に比べると易しい。しかし巧い表現が(英語でも日本語でも)浮かばないことが多かったため、益々の修練が必要であるなと思った。各大問の難易度の個人的評価をここに記す。

大問1(和訳):阪大実戦>阪大オープン
【普通:実戦はやや難、オープンはやや易】
大問2(長文):阪大実戦≒阪大オープン
【普通】
大問3(自由英作):阪大実戦<阪大オープン
【易:実戦の方が書きやすい?】
大問4(和文英訳):阪大実戦<阪大オープン
【普通:オープンはやや難】

※不等号の開いた方が難しい印象。【】内は個人的な感触。自由英作は人により書きやすさが変わると思われる。

これで答案が返却された時の点数がボロボロだったらその時は笑い飛ばすしかない。

その次は理科。生物から解き始める。窒素同化のところとホメオティック遺伝子のところで単語が全くでてこない。もっと空所補充を気合入れて行かねば…

75分くらい生物に使ってから化学の埋められそうなところを片っ端から埋めていく。生物・化学共に実戦の方がオープンより難しかった印象がある。

全科目の試験を終え、会場内にほっとした空気が流れる。気分的に「ガキ使」の全てを終えた感が近いだろう。

最近よく思うことだが、国語がないと試験が終わるのが早くて良い。理系で国語がないのはありがたい。帰路において、警備員の方がテープレコーダーのように最寄駅への行き方をアナウンスしていた。ありがたい。さすが私学。とはいえ来た道を戻るだけなので迷いようがないが。

電車に揺られ、バスを待つ間にスタバで血管にグルコースぶち込みまくるような甘さの飲み物を注文した。店内飲食は10%になるので持ち帰り。バス停でバスを待っていると、隣に改正健康増進法成立前の公民館みたいな臭いをさせた老婆が座ってきた。死にそうになった。

結果はどうあれ、模試ラッシュの全行程を踏破した。残すは今月下旬のセンタープレのみ。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする