無職786日目

今日の一言

3年目を始めるにあたり(年数的にはもう始まっている)、親と会議をすることにした。今までの敗因はなんだったのか?目標地点は適切か?その道のりは明確か?科目毎の学習指針は的確か?達成できなかったときのペナルティはあったのか?資金繰りは苦しくないか?成果が出るまでに時間がかかりすぎではないか?3年目もしくじったらどうするのか?

確かに鯉王は無職になってからの資金提供を親から殆ど受けていない。引越し費用も家財道具も家賃も光熱費も受験料も参考書代も食費も全て今までの自分の収入や貯金から出してきた。しかし、ここまで結果が出ていないのだ、それを見かねた親から質問が飛ぶ理由も分からなくもない。また、対話を通じてアイデアを出していくタイプでもあるため、対話の場があるのは私としてはありがたい。しかも今までは緊急事態宣言のために叶わなかった対面での対話だ。

受験したことにより、成績開示の結果から英語は問題なく点数が取れているということ、今年度は今までとは異なるアプローチを試すこと、夏〜秋の模試の出来具合によっては年内で断念し、就職活動なり何なりすること、進捗状況をわかりやすくするためにロードマップを作成すること、そのロードマップに則って学習を進めること、資金面では節約すればこの一年も働かずに生活できること(でも4年目は難しい)etc.の私が現時点で考えていることを伝え、ロードマップを示した。もちろんこのロードマップが上手くいくかどうかは分からないし、途中で修正なども出てくるだろう。ただまあ道のりを明確に示さないのはよくよく考えれば私の信条に反することである。センター試験の得点も模試の点数も明らかにしてきた鯉王が、たかだか勉強計画を明らかにしないのは私の価値観に対する重大な背信行為だ。

この勉強計画は絵に描いた餅かもしれないが、絵を描いてみなければどうやって餅を食うかを具体的に考えることはできないし、私がどういう餅を食いたいのかもわからない。

取り敢えずロードマップ自体は本ブログに置いておこうと思う。こちらはホームページのナビゲーションメニューからも参照することができる。

無職文系ロードマップ

宣伝になるが、このロードマップのほぼ全教科・ほぼ全科目(の小分類も含める)を網羅したバージョンをこちらに置いている。とはいえ世界史や地歴以外の社会科目、物理はやったことがなく、どの程度細分化して良いのかがわからなかったため、あまり細分化が行き届いていないかもしれない。「できれば日本史や世界史は時代区分や地域区分に対応してほしい」「倫理政経を入れてほしい」「物理はこういう分類ではない」「実技教科の分野も入れてほしい」等の要望がある場合はこちらか、本ブログの「お問い合わせ」からしていただけると幸いである。なるべく迅速に対応していきたい。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする