無職853日目

実家にいるとはいえ、家事の類は家にいるなら手伝わねばならぬというのが鯉王の実家の鉄の掟である。朝から(私が根城で干している3倍くらいの量の)洗濯物を干し、生物と自由英作文をやってから歩いて散髪に行くことにした。もう梅雨明けなのか、日差しが激しい。15分ほど歩いて散髪屋に向かう頃には若干汗まみれになっていた。

次いつ帰省できるかもわからないので、短めに切ってもらうことにした。ロン毛は嫌いだが、刈り込んだりなんだりするのも遠慮したいので、この散髪屋を私は気に入っていたりする。近所にDAIS〇もあるので利便性が高い。

散髪後DAIS〇に寄り、何かと役に立つチャック付きの袋を買い足すことにした。食品類の保存はできないが、文房具の予備やらネジとかのこまごました部品やらを収納するのに最適だからである。

DAIS〇から帰宅した後、先日購入したPCのセットアップを行うことにした。最近のパソコンはよくしゃべるのな。

恙無くセットアップを終え、本記事も新パソコンから執筆しているが、急にブルースクリーンにならないというのはこうも快適なのかという感慨を抱いている。これで次のWeb受験も毎月の家賃の支払いも快適に行えそうだ。

今日の一冊

散髪中に読み進めた本。今までも何度か読み直しているが、新版が出たらしいので、こちらを売ってそちらを買いたいと思っている。大人になってからの勉強はどう進めればよいのか、といったことに関して京都大学の教授が答えている。実はこの本が高校生の時に京都大学を受験する契機となったのだが、この本を読まなければ京都大学にフラれることもなかったのかもしれないと思ったりもしなくもない。後悔はしていない。

大人になってからどうやって勉強を進めるか知りたい方への入門書としては適していると思われる。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする