無職894日目

今日の一言

そんなわけで諸々の銀行周辺を回ることにする。ついでに共通テストの検定料も支払うことにする。

午前7時。窓を開けると全力で曇天。降るのか降らないのかどっちなんだと思っていたら思いっきり雨が降ってきた。ゲリラ豪雨とかそういうタイプではないと思われる、普通に強い雨。

しかし私は行かねばならぬ、進まねばならぬと思い傘をさして山を登る。側溝がウォータースライダーみたいになっていた。というか道全般がウォータースライダーだ。

どうにかこうにか山を登り終え、郵便局に辿り着く頃には雨は微妙に止んでいた。恙無く記帳し、恙無く検定料を払い込む。不正取引の被害はないようだった。

郵便局を出ると雨は完全に止んでいた。手ぶらで郵便局から出て少し歩いてからふと気付く。傘を忘れている。急いで郵便局に戻ると、ATMの側に立てかけたままとなっていた。なんといっても無職文系である、物をなくしたりしている暇はない。

そのまま他の銀行も周回クエストする。今の所不正取引の被害などは出ていないようで安心した。その足で近くの100均に向かいA4サイズのクリアファイルを購入した。カレンダーはまだそんなに出ていなかったし、上手くいけば実家から分けてもらえるかもしれないので暫く購入するのは控えようと思う。なんといっても無職文系である、110円だって惜しいときはある。

その後近くのスーパーにて追加の買い出しを済ませる。牛乳を買おうとすると、「お一家族様2本まで」という制限がなされていた。つい数ヶ月前には「もう一本多めに買うように」とか何とかいう感じだったので、世の中の移り変わりの激しさを痛感している。まあ物流はままならぬものだしな。そしてスーパーは相変わらずの雰囲気だった。ディストピアみ溢れる店内。

帰りに図書館に寄って予約した本を受け取る。この頃には雨は止むどころか日差しが死ぬほど照りつけていた。図書館周辺では伸びまくった草木を剪定する人が忙しそうに立ち働いていた。

家に帰りつくと朝の涼しさは何処へやら、クソ暑くなっていた。今しばらくはこんな天気が続くのかもしれないが、そろそろ洗濯したい。しかし週末くらいまで雨の予報らしいのでそれも難しいかもしれないと思っている。

鯉王

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする