無職1033日目

今日の一言

引き続き志望動機とかなんかそんなんを考えつつ、届いた赤本を眺めつつすることにした。

マルチタスク昼飯とかをかましたりしてきたが、私は基本的には「複数同時進行」はやりたくないし、やれるほど能力がないのである。長期的に見て「あれは複数同時進行だったな」と思うことはあったが(教育実習と民間就活と公務員試験と卒論執筆の同時進行など)、ミクロの視点でそれぞれの時間を切り取ると大体1個のことしかやってないのである。それを言えば大抵の人がそうだろという話になるかもしれないけれども。そりゃ「風呂入りながら歌う」は出来ても「面接同時進行」は無理がある。タイムターナーでも使えない限りは難しいだろう。

あと、大まかに分けた区分で考えると、人間は同時に2つはできても、3つは難しいのではないかと思う。

高校生で言えば「勉強」と「部活」は両立できてもそこに「労働(バイト)」や「家事」が入ってくるとかなりしんどいはずだ。どれかに注力したら何かがどうにもならなくなる。

社会人で言うと「労働」と「勉強」或いは「家事」は何とか両立できても、そこに「介護」や「育児」が入ってくるとマルチタスクが一気に膨れ上がる。中には「働きながら難関資格を取りました!」とか「2児の母親で義両親の介護をこなしつつバリバリ働いています!」とか「1コマに4つ講義入れて単位取ったぜ」みたいな人もいるかも知れないが、それはほんのひと握りの「何でもできる人」か「何かしらの秘策のある人」だろう、少なくとも勉強のために労働を辞めた鯉王に真似できるものではない。

つまり何が言いたいかというと「書類関係ちゃんと終わらせねえと落ち着かねえ」ということである。

それが高校生なら「ちゃんと書けてなかったとしても若いからこれから学ぼうね」で済むかもしれないが、こっちはアラサー無職文系である、書類すらまともに書けねえのかと言われること必須だろう。しかも今年の出願先は職歴とかそんなんも書かされるのでそこら辺一歩間違えれば「ただ歳食っただけの無職かよ」と思われる可能性が高い。

まあその辺も試練ということで割り切…れるだろうか…?

そんなこんなで本日のリングフィット。何かNintendo Switchは写真が撮れるらしいのでそういうのとかを貼れたら面白そうだが、今やることでもない気がする。

リングフィットでは筋トレをすることで主人公のレベルが上がっていき、アドベンチャーモードで敵を倒す際の攻撃力や守備力が上がる。各ステージには「推奨レベル」が設定されていてまあ当然ながらそれより自分のレベルが低かったら苦戦することは容易に想像できるだろう。私のレベルも今日取り組んだステージより少し低かったが、「戦いの中で成長するタイプやし大丈夫やろ」と何の根拠もなく考え、結果めちゃくちゃ筋肉を使うことになった。私の筋肉は戦いの中で成長するタイプではないということがわかった。そして少し運動強度を下げた。

本日の勉強時間:0分

残:864時間27分47秒→864時間27分47秒

鯉王

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする