共通テスト2021成績開示(画像あり)

共通テストを受けた無職の話

では毎年恒例(?)の成績開示結果画像を公開する。

2021年1月16日,17日に開催された共通テストの
成績開示結果。

共通テストが始まる前はなんにせよ初めての形式とのことでビビっていたが、蓋を開けてみればそうでもなかった。寧ろ今までのセンター試験の理系区分での受験において最高点であるといっても問題はない(文理問わずに最高点をたたき出したのは多分文系だった頃の得点だと思う。それでも800には届かなかったが)。

そして共通テストからの変更点なのか、令和3年度だけなのかはわからないが、「試験日」という欄があった。従来のセンター試験であれば「試験区分」だったが、今年は変則的な試験日程だったからかもしれない。来年特例措置や特例措置の追試がなくなれば、今まで通り「本試・追試」形式に戻るのかもしれない。

そして「段階表示」という項目も追加されている。これは恐らく今後も表記されるものだろう。英語と国語が最高段階であるのは予想通りだったが、できれば日本史Bと生物も最高段階であれるようになりたかった。もし来年受けるならオール9を目指しても良いかもしれない。

来年の共通テスト受験はどうする?

自分の進路を決定した上で、エンタテイメントとして受験する…なら、是非とも受験したい(その場合は金に余裕があるようにしないとな!)。また、編入試験で全敗して最後の砦に一般入試を受験するなら問答無用で必要となるだろう(受けられるだけの金が稼げていれば良いのだがな!)。

いずれにせよ金が要る。あと受験するならまた大学にヘッドホン申請をしに行く必要がある(毎回大学本部の教務課の人にはお世話になっている)。また、例年通りの試験会場とは限らないと今年の受験で思ったので、金もないことだしホテルに宿泊したりせずに根城付近で受験することも考えていく。結局どこで受験しても点が出るときは出るし、出ない時は出ないからである。

今後の成績開示について

基本的に、例年通り共通テストの成績開示結果に関しては本ブログ上で順次開示していく。また、TOEICのスコアが出たらそれもこちらで開示していく。これらの試験は受験者数が多く一般的なものであり、個人の特定等に繋がらない可能性が高いからである。

ただ、国公立大学の個別試験(前期日程・後期日程)や編入試験の成績開示に関してはpixiv FANBOXにて有料で記事を公開する予定である。最低限成績開示に関する記事だけ閲覧されたい場合は月額150円。それ以外の記事も、となるとその他のプランということになる。その辺はこちらの記事を確認してほしい。

また、これは成績開示とは異なるが「日々の記録とは別に一貫して経過を追いたい」という要望や「試験の勉強法とそれぞれに費やした時間・時期を知りたい」という意見が出た場合(或いは出なくても)は買い切り型の記事群として販売することも検討している。勿論継続して全部読みたいというレアな読者の皆々様がいらっしゃったらそちらもFANBOXにて有料プランで公開することも検討している。

今後受験予定の試験としては

  • TOEIC
  • 編入試験
  • 各種資格試験
  • (資金等の状況に左右されるが)共通テスト

の4種類が挙げられる(2021年4月現在)。今後の試験や記事群に関する情報は「お知らせ」カテゴリーpixiv FANBOXで公開するので、それらをこまめに確認してほしい。有料記事群に関しては「PR」カテゴリーでも自分で宣伝するので、興味のある人はぜひ見ていってほしい。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする