無職1108日目

今日の一言

そんなわけで今日がスーパーバイトの初出勤日である。午後からの勤務のため、早めに昼飯を食い、午前中にフリマサービスの発送を済ませ、近所のホームセンターで必要そうなものを購入する。早めに勤務先に向かい、最初の勤務時の説明を受け、服を着替える。これぞ「ザ・スーパーの人」である。まずは形から入っていこう。当初の予定から6時間勤務を覚悟していたが、最初なのでと4時間勤務となった。シフトに関しては勤務後に相談ということらしい。

今回はまともに仕事を教えてもらえたため、比較的スムーズに働くことが出来た。今までのスーパーでの勤務の経験(って偉そうに言えるほど経験しているわけではないが)があるが故にスムーズに働けたのかもしれないし、今回はバイトの職種を割と選んでここまできているというのもある。

そんな訳でパートのマダムさんに仕事を教わり、重量物は率先して運搬し、売り場のことを学んだ。このスーパー、バイトで来たのが初めてだった(今までの経験から、普段利用しないスーパーを勤務先として選んでいる)ので、並びから何からサッパリだな。

気がつくと数時間後には漬物を梱包していた。これ格闘漫画なら「!?」が入るコマだぞ。

マダムさんと2人で黙々と漬物を梱包する。周囲に立ち込める漬物臭。べったら漬を漬物の入ったデカい桶みたいなやつから取り出して、ポリ袋にひたすら詰めていく作業なのだが(べったら漬を人生で初めて見たし、初めて触った)、マダムさんと二人してベタベタして所々白いものが付着する(甘酒の麹らしい。ソースはWikipedia)白い棒(適度な長さの大根)を梱包するのはちょっとアレなのでは?と考えたりもしたが、私にそういう癖はない。賃金の分きっちり梱包した。これうまいことやらねえと手がネチャネチャになるな。

帰りしなに売り場のボスにシフトについて聞いた。ついでに労働条件通知書や雇用契約書みたいなものはないのかと尋ねてみた。無いらしい。労基にバレたらヤバいんじゃね?この職場。

取り敢えずシフトは週3の12:00〜18:00と決定した。週の賃金は18,000円で、だいたい1ヶ月で7万ちょい。まあ生活費は問題なさそうだな。これにプラスして運送会社のバイトが入るから、貯金をするにしても編入試験を受けるにしてもそこまで問題はないだろう。編入試験が終わってから更にバイトを入れれば結構貯金もできそうだ。合格することが最低条件だが。

ただこの職場、給料手渡しなんだよな…。ちゃんと手渡ししてくれんのか?それがわかるのは5月の下旬になりそうだ。

帰りに小学生から「こんちわ」と挨拶をされた。礼儀正しい小学生だが、バイト終わりなので只今絶賛午後の5時台である。最近の小学生めちゃくちゃ長いこと勉強させられるんだな。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする