無職1113日目

今日の一言

そんなわけで連勤2日目。朝からかなりの雨である。4月とは思えないような寒さ。今日も朝6時からの勤務である。昨日の勤務による筋肉痛があるため全身の疲労が割とキているが、そうも言っていられないような忙しさなので無心に、されどしっかり確認して荷物の山を片付ける。昨日よりは覚悟が出来ているために荷物の重さで「ぬ゛っっっっっっ」てなることは少なくなったが、昨日の分の疲労が加算されているので三十路の身としてはつらい。

今まで特に荷物の重さのためにめちゃくちゃ困る、ということはなかったが、それは「ホワイトワーカーとしての荷物の運搬」という意味だったのではなかろうかと早朝から悟ることになった。私よりも小柄な女性がクソ重い荷物を涼しい顔をして運んでいるのを見て、私とは筋肉の使い方が違うのではないかと考えたりした。多分『バキ』なら「否応なく…理解わからさせられたッ…!!」とかっていう文言が入るところだと思う。

いやまあ私自身特に運動部でバリバリやってきたとかの「体育会系」ではないので余計にそう思うのかもしれないが、ここでの勤務が何かしらの役に立つならそれは多分「瞬発的な筋力」と「粘り強い体力」の獲得と維持なのだろう。それらが医学生になってから、また医師になってから役に立つかどうかはわからないが。

朝の勤務を終え、昨日からの午前・午後連続勤務によって肉体がバチクソに疲労している中帰宅する。帰宅してから微妙に腹が減ったので食えそうなものを食い、暫し身体を休める。この疲労に慣れていかねば編入試験への勉強も何もあったものではねえなと思いつつ、昼飯を食って服を着替え、スーパーに赴く。依然として雨は割と降っていた。

土曜ということもあり、店内は割と混雑していた。新型コロナウイルスの感染拡大状況は一体どうなっているのだろうかと思わなくもないが、昨年の春の勤務でも土日のスーパーは混雑していたので、まあそういうものなのだろう。免疫力をバチバチに高めていかねばと思いながら、気力を振り絞って勤務した。

そういえば明日は誕生日であった。でもって木曜に購入した塩焼きそばがキャベツだけでは味気ないので、自分の勤務するスーパーで初めて物を買うことにした。人参と玉ねぎが安かったので購入し、珍しい菓子が置いてあったのでそちらも購入した。ちなみにそれらは私が従業員として勤務している時間に陳列したものである。自分で陳列したものをカスタマーとして自分で購入するという不思議な感覚。これは初めての感覚だ。ここの店はPayPayが使えるから便利だな。

帰りも雨が割と激しく降っており、家に帰り着く頃には傘を差していたにも拘らず雨に濡れまくっていた。どうせならと速攻で風呂に入り、明日の勤務に備えることにする。

明日朝働けば月曜は丸1日休みであるので、若干気楽である。まあそれも明日の勤務を恙無く終えてからの話だが。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする