無職1119日目

今日の一言

そんなこんなで金曜日である。最近気が付いたら1週間が飛ぶように過ぎているが(1週間前のことが10年くらい前のような感じがする)、過ごしている最中はめちゃくちゃ長いような気がする。

午前中に到着した新インソールをワー〇マンの靴に入れようとしたがサイズ的に微妙に入らなかったので、昨日実験したインソールをワーク〇ンの靴に入れてみることにした。これがまた快適である。インソール1枚でここまで変わるものなのか、凄いものだな。

若干感心しながら牛乳を並べまくり、アイスを並べまくり、段ボールを解体しまくり、酒を並べまくる。途中で漬物を梱包することも忘れない。

スーパーにやってくる客の中で、たまに「そんなオシャンティーなものが欲しけりゃ成〇石井に行け」と言いたくなるような問い合わせをする客がいるのだが、一体あれは何なんだ。グラノーラはあってもオートミールはねえよ。あと牛乳を奥から取ろうとする客。残念ながら全部日付は一緒にしてるんだぜ。

そんな感じで何ケース目かの牛乳を並べていると、事務方の人に呼ばれた。すわクレームかと思って事務所に行ったところ、このバイト先はバイト代の支払いが当月中にあるとのことだった。てっきり翌月払いかと思っていたので嬉しい誤算である。これで5月の生活やらクレカの支払いが厳しくならずに済みそうだ。

ただ、給料が支払われるには条件があるとのことだった。何ぞやと思っていると、どうも給料を受け取る前に「作文」を書かなければならないらしい。小学校かよ。

今月のお題が発表されていたので、今日の勤務終わりにでもパパっと書いて明日の勤務前にでも提出するか。でもって明日給料をゲットしよう。

その後も恙無く働き、恙無く退勤した。家に帰り着いて風呂を入れながら作文を書く。作文を書くに際して、(「お題」とは全く関係ないが)作文の提出先の箱に貼ってあった組織表みたいなのが気になったので検索してみたが、どうやらこの勤務先、最初に睨んだ通り同族経営のニオイがプンプンするぞ。まあ従業員規模からいっても全国展開ができる程の企業でも上場できる企業でもないのは明白なのだが、「やはりそうか」と盛大に独り言を述べてしまった。しかも景品表示法違反で一回怒られているっぽいな。

私としてはちゃんと給料が支払われたら後は特に文句はないのだが、ちょっと用心するに越したことはなさそうだ。なんてったって給料手渡し&雇用契約書と労働条件通知書が無い勤務先だしな…。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。 実績解除:合格

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする