無職207日目

朝からえげつなく疲労。午前6時半に目が覚め、そのまま朝食を済ませる。その後不意にクソネミの嵐に襲われ、目が覚めたのが午前10時。

模試の復習をしつつ次の模試について考える。昼飯を食べる気分じゃなかったため完全食で済ませる。

昼食後Z会英語の添削問題に取り組む。先月分とはうってかわって普通の問題であった。内容説明に簡易な選択問題、和訳。そういうのを待ってたんだよ、みたいな感じである。

受験時代は基本記述式問題、それも和訳と英作がメインで、大学時代は大学時代で古英語詩の訳出やら映画や文化に関するエッセーを英語で書いたりやらしていたため、普通に長文読んで普通に問題を解いていく形式は安心感を覚える。

夕方には細々とした家事を済ませ、完全食のドリンクで夕食を済ませる。

明日は出かける予定があるため、生物の添削問題は金曜にする。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする