無職212日目

通常運行で午前6時30分に目覚め、がっつりと朝飯を食う。

その後数年ぶりに筋トレを行うことにする。

とはいえ本職の筋肉トレーニング愛好家というわけでもなければ筋トレが好きというわけでもない。自分を鍛えるのは嫌いではないが、今回のは冬に向けて体を絞り、尚且つ面接対策も兼ねている。

若者は部活に通学にと体を動かすことも多い。そして今のトレンドなのかそういう身体的傾向なのかはわからないが、割と男女ともに背が高くて細めの人が多い。

それに対し、短いとはいえ社会人的なあれやこれに巻き込まれ、尚且つ無職生活が長引いている私の肉体は現在怠惰モードへと入っている。となると面接(に点はつかないが)において、ただでさえ見劣りするのに更に見劣りすること必須である。というか数年前に着ていたスーツが入らないとなったら手痛い出費となることこの上ない。

というわけで数年ぶりにDVDを引っ張り出してこれまた割とボロいパソコンで再生する。

途中画像が止まったり音声が止まったりとパソコンの寿命が気になって仕方がなかったが、やっぱり年は取るものなんだなと痛感した。

「外見が大学入学時から変わらない」と評されることがままある身だが、久々に筋トレすると自分が普段いかに筋肉に頼って生きているか(心臓が動いている限り多かれ少なかれ筋肉に頼るものなのだがここでは比喩的な表現として)、そして数年前に比べて肩や腕の可動範囲がいかに少なくなったか(久々に肩を上げた気がする)を思い知らされた。

筋トレ後しばらくプルプルしていたが、洗濯機を回し、模試の復習と数Ⅲをやる。

眼前に冠模試とS台の模試が迫っているが、問題を解く前からビビっても仕方がないし模試にビビっても仕方がない。模試よりも遥かに面倒なこともあれば面倒な人間もいるのである。とかって言ってみる。

遅めの昼食の後(これも模試対策)、また細々と勉強を重ね、諸々の家事をこなす。

明日以降の筋肉痛が気になるところである。

今日はセンター試験の確認はがきが届く期限らしい。K塾が確認はがきのチェックリストを作っているようなので、リンクをここに明記しておく。

変更点・訂正点がある場合は大学入試センターに連絡する必要がある。詳細な手続き方法・必要事項等は大学入試センター試験の受験案内に書かれているのでそちらを確認してもらいたい。センター試験に関する情報は大学入試センターに基づくものに、本ブログ掲載の情報の判断はあくまで読者の自己責任に拠る。

Kei-Net 2019年度センター試験出願ガイド 出願後に確認すること

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする