無職228日目

日付が変わってから眠りに落ちたり目覚めたりを繰り返しながら朝四時くらいに完全覚醒して布団と戯れていたが、午前5時半くらいに起きた。

今日は歯医者の日である。

家を出ると先週に比べてめっきり寒くなっていた。そして前の冬物武装の失敗を踏まえて少し薄着(とはいえ長袖である)で出かけたことを後悔する。朝から電車に飛び乗り本を読んだり問題を解いたりしながら大学にたどり着き、図書館で生物の重要問題集を解く。

正午前に食堂で昼飯を食べたものの量が少なかったため腹が減ったが、時間帯的にどこも混雑しているため仕方なく図書館に戻りまた問題を解き進めた。途中クソネミの嵐に襲われ、昨日の筋トレの筋肉痛に襲われる。

歯医者も混雑しており、数学の新書を読んだりして順番を待っていた。

今の時期は歯科助手の方の実習と重なるのか、歯科助手の方の実習の場面に立ち会う(?)ことになった。

今日は前のようなことにならず少しホッとしている。

受験のため次に歯医者に来ることができるのは年末を過ぎると3月末になると伝え、12月の診察の次の予約を3月の終わりに入れてもらった。この頃にはもう全て決まっているのかと考えると恐怖と決意と焦燥感の混ざった感じが半端ない。

診察後の会計がまた長かった。混雑具合が半端なかったのでそれもあると思う。結局会計を済ませるまでに1時間くらいかかった。

帰りしなに腹が減ったため都会に出てサンマルクカフェでクラムチャウダーを飲んだ。寒くなると温かい飲み物を飲みたくなる。

その後帰宅ラッシュの電車に乗り込み、運良く早めに座れたので無機化学をやる。今週末で無機化学は一通り完了するのでこれからは演習に入る。

荷物の重さやら筋肉痛やらで疲れたため、風呂から上がったら速攻寝ることにする。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする