無職731日目

今日の一言

なんだかんだ言いつつ今日もアルバイトに勤しむ。通勤路は全体的に坂道となっているのだが、前の方から煙臭さが漂ってきていた。何だろうかと思っていたら前方のおっさんが煙草を吸っていた。

喫煙はあなたの健康を著しく害する恐れがあります。というか私は副流煙を吸うわけにはいかねえ。ただでさえ無職生活も3年目に突入しようとしているのだ、ここで健康を害されたら医者になってからの勤務年数が更に減るだろうが。

というわけで坂道で全力ダッシュして喫煙おっさんを追い抜いた。健康は守られたかもしれないが、坂道のダッシュなので心肺機能的に割とキツい。運動部やってたわけでもないアラサーに朝から何させやがる。

その後昼まで恙無く働き、何とかいい感じに辞めたい、と思いながら買い出しをして帰路についた。

先日の記事で「左肩超痛え」みたいな話をし、整形外科にかかったが、3週間経っても特に完治した気配もないため再び整形外科に行くことにした。

昼飯を家で食って公共交通機関を利用し、午後の診療時間開始前に微妙な都会に降り立った。なんかやたらと行列ができているなと思ったら、手芸屋だった。一瞬「新学期の用意とかか」と思ったが、すぐに違うと思い至る。どうやら手作りマスクのための材料を買いに来ていたようだった。

そんなこんなで整形外科に辿り着き、リハビリをすることになった。幸い(無職なため)時間は大いにある。肩を温められたり、電気を流されたりした。少しは痛みが引いたような気がする。

帰りに無印良品に寄る。外出を避けろとか何とか言いながらも、普通に無印良品の入るビルは人が多数いた。私もまあその1人なのだが。食糧類を買い、マグネットフックを買い、三層ウレタンスポンジ3個入りは買おうとしたら売り切れていた。何に使うというわけでもないが、あの全体が鉄で出来たフライパンが欲しい。会計の際にスマホの画面を見せようとして店員さんに爪の尖った部分が当たってしまい申し訳ないなと思った。

帰りにバスに揺られ、また明日もアルバイトかと考えると気が重い。バイトアプリを起動して新しいアルバイトを探すことにしたが、この先外出禁止になったらどうなるのだろう。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする