無職790日目

今日の一言

体調が微妙に優れなかったために一日生産性の上がらない日となってしまった。まあそんな日もあるだろう。

現在、私は根城に一人で暮らしているわけであり、大抵の物事の裁量権は私にある。今日の昼飯に何を食うかとか、いつ掃除をするかとか、どのECサイトで漫画の新刊を買うかとかは私が決めることである。そりゃまあ石油王でもないので資金面での制約はあるが(というか制約は社会人と比べて大きいと思われるが)、概ね自らが決めて自らが動くという生活を送ることができている。

ところが裁量権を持つ人間が複数になると、それだけ物事がややこしくなるのである。組織がその好例である。裁量権を持つ個々人の思惑によって組織の方向性は二転三転し、結果迷走してしまうことなど日常茶飯事だろう。

とまあこんな話をしたのにはわけがある。文系社会人から無職文系になって久しいが、本日「組織や団体とは」といったことをふと考え込んでしまうイベントに遭遇したためである。

何者にも縛られず、自らの人生の裁量権を大いに振るい、巨人の肩に乗って遥か遠くを見渡すような今の生活を、いつか懐かしむときがくるのかもしれない。そうやって振り返ったときにいい感じでこの1000日ほどを思い返すことができるようにしたいと思った。いやまあそう思うなら勉強しろよってことになるのだが…

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする