無職969日目

31日後に無職1000日目を迎える文系

というわけで本日は少し出掛けようと思う。目的は共通テスト対策の吟味&諸々の日用品の購入。資源ゴミ類を鮮やかに捨て、ちょっと公共交通機関に揺られ、まあまあ大きい書店のあるターミナル駅に到着した。何故か郵便局が大混雑している。しかし今日は郵便局に用がないので若干の野次馬根性を発揮しつつも通り過ぎて書店に向かう。学参コーナーに向かうと、共通テスト対策本をまとめた一角があった。大手予備校が予想問題的な本を出していたが、内容は過去の模試の焼き増しだったりしたのであまり役に立たなさそうだと感じた。

そもそも鯉王は今まで大学受験で一度も「予想問題集」というやつを購入したことがないのである。ちなみにTOEICも予想問題を解いたことがない。英検は確かやったような気がする。

予想問題集を解かない理由は簡単で、予想はあくまで予想でしかないからである。模試の類も「あくまで場慣れ」といった位置づけなので今年模試が軒並みなくなったとき「受験費用が浮くぞ」と思ったものである。そもそも何回受験をしているのだ、場慣れもクソもないだろと自分にツッコミを入れそうになる。

という訳で今回が初めての予想問題集購入となる。アラサーでも人生初の経験が可能なこの世の中は有難い仕様だな。

様々に吟味した結果、

理系科目:今までの全統模試の紙媒体(まっさら)+二次試験対策+Z会の予想問題+今までの模試の復習

英語:今までの全統模試の紙媒体(まっさら)+TOEICの問題+Z会の予想問題

国語:今までの全統模試の紙媒体(まっさら)+Z会の予想問題+古典分野のちょっとした問題集

日本史:今までの全統模試の紙媒体(まっさら)+Z会の予想問題+通史本+以下の問題集

という結論に至った。また共通テスト対策に使用した書籍類等をまとめた記事を作成して公開する予定である。

ついでに探していたものがあったので100均に立ち寄ると、平日昼間にもかかわらず大混雑していた。店内に犇めく老人の皆々様。一体何があったんだ。

這う這うの体で会計を済ませ、馴染みの文具屋に立ち寄ると、鉛筆シャープシリーズの最新作が出ていたので購入した。全芯径を揃えたかったが、0.3と0.7はあんまり使わないしなと思い直して踏みとどまった。

そして行きつけのドラッグストアに立ち寄ると各種物資が激安で売られていた。無職の救世主かよ。

必要な物資を買い込んで帰路につき、途中で図書館に寄って本を返却して帰宅した。1日外出録的にはまあ勝利した方なんじゃないかと思う。

本日の勉強時間:0分

残:928時間12分→928時間12分

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする