無職18日目

歳をとった。

今日で26になる。

今まで色んなことが誕生日には起こってきた。

異国の地で迎えた誕生日もあれば、残業地獄で迎えた誕生日もある。

電車の中で誰かのゲロ吐瀉物を踏んづけた誕生日もあれば、今と同じく無職で迎えた誕生日もあった。

ただ、今年ほど何も決まっていない誕生日もなかった。

何も決まってはいないが、これほど何かから解放された誕生日もないと思う。

理不尽な濡れ衣を着せられることもなければ、総研修時間が2時間にも満たない中仕事に駆り出され罵られることもないのだ。

明日すらどうなっているかわからない毎日だが、今ほど自分次第でどうにでもなる毎日もない。

そんなわけで午前中は数学に勤しみ、午後はささやかながら外食して、ちょっとばかし甘いものも食べ、そして英語のZ会の見直しと二段階滴定、田部マラソンの理科ローテを回した。

前途は遠い。そして暗い。だが恐れずに前を向きたい、向いた先に絶望しかなくとも、絶望の先の何がしかに向けて進むしかない。

名言ナビ:有島武郎

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする