無職60日目

朝から雨が降り続いていた。

Studyplusの「友達」に、1〜2週間くらい前にフォロー申請をされ、承認した「友達」がいたのだが、今日開いてみるとフォローが外されているようだと判明した。というのも医学部再受験の人たちと「友達」になっていたのだが、彼ら彼女らの勉強記録は昨年とかで止まっているため、最近フォローされたその「友達」は勉強熱心なようで、毎日勉強してタイムラインに現れていたのだが、それが今日急に出てこなくなったためである。

「じゃあなんで私をフォローしたんだよ!」というツッコミが出てこなくはないが、多分初歩的すぎる勉強しかしてないので向こうもフォロー申請してフォローしてみたものの初歩的すぎて嫌気がさしたのだろう。

閑話休題。

数学、英語、とローテを回す。ライ長のやる気の出なささが半端ない。理由は簡単、英文が長いからである。明日はその辺の嫌気を乗り越えてライ長をやる。

夕方からいつもの如くゼロ化に取り組もうとしたのだが、流石に今日という今日はゼロ化の訂正の多さというか訂正の謎さにキレかけた。

問題文の数値に訂正が入っており、それに則って計算したら解答の数値と異なる数値が出た。

おかしいなと思ったら解答の数値は訂正前のものだった。

また、次の問題は解答に訂正が入っており、その訂正内容には問題文の訂正前と訂正後の数値が混在しているという始末である。

これでは何が正しくて何が間違っているのかがカオスであるし、それを検証しながら問題を解いていくのはかなり面倒くさいし、受験までの日数は限られている、そんなことをしている暇はない。

流石に解き続けていける自信がない。似たような計算問題集を別にやった方が良さげである。

その後ネクステをやる前にネクステに訂正が出ていないかを見たが、どうもないようだった。

得意な教科や科目で誤植や不備があったら読みながら「これ間違っとるやつやん」と理解することができるのだが、苦手を撲滅するためにやっている問題集や参考書でそれが見つかるとどうしたものかと思う。自分が苦手だから理解できていないのか?それとも誤植なのか?と謎に疑う必要が出てきて無駄にMPを消費することになる。

化学は先に教科書とリードライト、らくマスを入れようと思った5月末の雨だった。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする