無職339日目

今日は家族が変則的な動きをするらしく、逃げるように地方の田舎都市をうろつくことにした。ここならば家族にバレることはない。昼飯に食ったサイゼリヤのミラノ風ドリア半熟卵乗せが美味。飲食店に1人で入ると他の客を観察するのが細やかな趣味なのだが、高校生が多かった。そろそろ卒業式のような、そうでもないような。多分期末考査後で早く学校が終わったんだろう。隣の座席には外国人の男女が。観光客っぽいかといえばそうでもなさそうだったので、もしかしたら技能労働実習生かもしれない。流暢な日本語で注文をしていた。

文具屋をうろつくが、特にめぼしいものはない。

結局滞在時間のほとんどを複合商業施設の屋上で過ごし、風の強さと日差しの暖かさの中でぽけーっとすることに費やした。あと本を読んだりなど。

早めに家に帰り筋トレを行うが、願わくば人に振り回されずに生活できる環境に身を置きたい。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする