無職395日目

平成の最初の方に生まれたが、まさか自分が平成の終わりに無職になっているとは夢にも思わなかった。

更に言えば、今年のセンター試験の点数を知ったら18の自分は多分今の自分を殴り飛ばすと思う。

お前年食った割に全然進歩してねえじゃねえか!

って言うと思う。

タイムマシンがまだ発明されていないので真相はわからないけども。

今日もいつもと変わらず筋トレをし、読書をし、飯を食い、勉強を進める運びとなった。

明日も、明後日も、同じことを繰り返していくのだろう。元号が変わろうが何しようが、受験生のやるべきことは変わらない。

その先に待つ結果が何であれ、今はとにかく前に進もうとするしかない。

世間はゴールデンウィークに新元号にとお祭り騒ぎかもしれないが、無職文系は特に普段と変わりのない毎日を送る。

元号が変わっても、新時代が来ても。来年の3月まで宜しくお願い致します。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする