センター試験2020自己採点結果

自己採点結果

国語:175
英語筆記:189
英語リスニング:50
日本史B:82
数学IA:58
数学IIB:71
生物:79
化学:78
合計:734.2/900

思ったより…

点数が高かったというのが正直な感想。英語は人生初の9割下回るかと思ったし、国語は150点無いと思っていた。日本史もセンプレのように60点台だと本気で思った。逆に化学と生物はもうちょっと、せめて80は超えていると思っていた。ベクトルの最後のところ、合っていただけに悔しい気もする。駆け足で採点したから間違ってなけりゃ良いけど。

ただ600点台を覚悟していたので「おっ、意外と高いな」という感じである。

9割無いけどどうする?

今鯉王の前には4つの道がある。

  1. どこか合格可能性の高そうな大学に出願する
  2. ハローワークに直行し、就活をする
  3. バイト戦士になって日々を模索する
  4. 他の方法で医学部を目指す

1が可能かどうかは22日以降にならないと確実なことは言えない。なけなしの2次力を信じて、再受験フレンドリーな大学を受験するか、逆張りして2次試験の配点の高い大学を受験するか。その辺は少し考える。

4つの道があるが、1の道を選んだ後2や3や4を選んでも良いし、2と3を同時に歩んでも良い。1を歩んでから3の道を歩きつつ4を目指しても問題はない。逆にどの道を歩まないという選択肢もある、今は考えつかないが、第5の道もあり得るかもしれない。

2年連続で同じことをやって2年とも失敗する。自分の身にはなるだけ起こって欲しくないことだが、全く起こらない出来事というわけでも無い。人生ゲームで誰かは止まるマスだろうし、『弱虫ペダル』の真波山岳は2年連続で勝てなかった(彼の無念は痛いほどわかる)。また、2年も挑む資格すら得られない人もいれば、挑むことなくこの場を去る人もいる。

何はともあれここまで踏破したことを感謝しつつこれからに目を向ける。話は22日が来てからだ。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする