無職885日目

今日の一言

9月である。朝から意気揚々と山の上の大学に向かった。目的は大学入学共通テストの願書である。

近隣にはいくつか大学があり、その中でも一番近く(といっても山を登らなければならないのだが)に最寄りの大学がある。教務課らしき場所に向かったが、願書は置かれていなかった。9月1日だからかもしれない。ならば明日当初の予定通りヘッドホン申請を行った大学に向かおうと思う。

山に登ったついでに山の上のスーパーに買い出しに向かった。近所のスーパーとはまた違った安さがある。炭酸水やらヨーグルトやら牛乳やらといった諸々を買い、これまた意気揚々と暑すぎる日光の元帰路に就いた。出かける前に炊飯の予約をしていたため、家に帰りついてすぐに白飯にありつけた。無洗米最強だな。

そして一応S台のホームページを訪れ、今後の模試のスケジュールを確認した。どうやら現時点では何の制限もなく模試が実施されるようである。

しかし受験するかどうかは今暫く検討状態で置いておきたい。午後からは恙無く勉強を進めることにした。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする