無職951日目

49日後に無職1000日目となる文系

疲労を堪えつつデカい鍋とかを洗い、泥のように眠って起きたら午前6時。完全食のパンを食っていたら口の中の水分の殆どがなくなった。やべえと思い無添加トマトジュースと一緒に食う。元々開けていたやつを飲んでいたが途中で無くなったので新しいトマトジュースを開けた。そしてそれも飲み干した。720mL一気飲み。きつい。しかし開けたまま放置するわけにもいかない。

午前7時になったのでゴミを捨てに行った。どうやら少し寒そうである。11月は半袖にはきつい季節だ。

暫く荷物をまとめたり床を掃除したりしていたが、午前9時になったので戸締りをして家を出た。そこから陽光の中最寄りの公共交通機関にアクセスする。

普段出向かない方面に向かうため、幹線道路沿いの商業施設やら倉庫やら何やらを眺めながら公共交通機関に揺られる。途中フィットネスジムのビルかなんかがあり、「美しい身体」とかなんとか広告が書かれている階の一つ下に「ソフトクリーム食べ放題」「豊富なフードメニュー」といった謳い文句が躍っていたのでこの世はよくわからんなと思いながら停車ボタンを押した。

バスを降りる際に手すりか何かで右手の甲を打ってしまい、ちょっと痛いなとその時は思ったのだが、記事を書いている現在手の甲に青あざが出来ている。割と強く打ってしまったようだ。

駅構内で友人へのお土産を探そうとしたら目的の店が閉まっていたのでセ〇イレで土産を購入した。都会のコンビニは土産物類も充実しているんだな。

土産物を探す時間を考慮して電車の時間を決めていたが、その一本前に間に合いそうだったので乗り込むことにした。後は実家まで(電車においては)ノンストップである。その間に昨日受験したK塾の全統共通テスト模試の自己採点結果等を確認し、ブログ記事を執筆した。

秋の陽光の中窓外を眺めると、田園の中の一軒家の縁側にいかにも年寄りといった服装で佇むお年寄りの姿があった。こんな年寄りのテンプレいらすとやにもないぞ。電車で2時間くらい揺られるので読書でも、と思ったが朝の無添加トマトジュースが原因かめちゃくちゃトイレに行きたくなっておりそれどころではなかった。無念。

実家最寄りの駅にたどり着き、そこからなんやかんやして実家にたどり着き、トイレに行ってから荷物類を片付ける。バソプレシン的な何かがあまり働いていなかったようだ。

昼飯を食い、実家にいる分の家事を済ませ、さて郵便局にでもと思っていたら突然の来訪者。微妙に怪しかったので丁重にお帰り頂いた。

しかしこの家誰も帰ってこねえなと思いながら晩飯を食い風呂に入る。風呂から上がってすぐ家の電話が鳴りだしたので全裸で電話を取ると祖母からだった。明日来てほしいという伝言を母に伝えてくれという話だった。最近体調不良だったり物覚えがよくなかったりすると聞いていたため大丈夫なのかと問いかけたら俄かに長話が始まってしまった。秋の夜長に全裸で話を聞く無職文系。流石に服を着たいと思っていたら電話が切れていった。

その後帰宅した母に祖母からの伝言と、しばらく実家にいる旨を伝えた。

昨日からの模試と、今日の朝からの大移動で疲れたのでそろそろ寝るかと思っていたら家族が帰宅し、俄かに家の中がカオスになった。大抵トラブルが実家から持ち込まれるが、まさか自分が帰省中にカオスになるとは想定していなかったのでやはり来年の共通テスト受験時はホテルに宿泊しようと思った。丁度Go to トラベルもあることだし。

本日の勉強時間:5分

残:940時間30分→940時間25分

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする