無職1164日目

今日の一言

目が覚めたら午前4時だった。どうやら昨日から寝落ちしてしまったようである。そのまま二度寝したりなんだりし、午前9時ごろにラーメン屋のバイトに必要な書類を作成し、画像データを送信することにした。とはいえLINEで送ってくれって何というかセキュリティがアレだなと思ったので画像データの情報をなるだけ削除し、送信して相手が確認し次第すぐに消去することにした。

その後ブログやpixiv FANBOXの整備を進めながら次の編入試験の受験先の出願準備を進めることにした。1件尋ねたいことがあったが、午前中に宅急便の荷物が届くので電話での問い合わせは午後にすることにした。

何とも良い天気だが、特に干さなければならないほど洗濯物が溜まっているわけでもない。出願先に提出する作文なんだか推薦書なんだかわからないものをまずはWordで作成することにした。

昼前に宅急便が届いたので受け取り、メールをチェックする。某フリマサービスでなんか売れたっぽいというのと、もう1件。

pixiv FANBOXで支援がなされたようだった。

多分今年一番驚いた。と同時に、まさか支援者が現れるとは思わなかったので1 、「令和2年度国公立大学前期のあのヤバすぎる点数とか、最近顔を出せていない集まりの話とか、金のない無職が試験会場に向かうまでの珍道中とかも閲覧されるのか…」とぼんやりと考えたりした。

それでもありがたいことに変わりはない。無職文系は無職であるがゆえに割と緊縮財政なのである。

午後も推薦書だか何だかわからないやつを書きまくっていた。同時に問い合わせをしたりしていたら、ラーメン屋から電話がかかってきた。どうやら誓約書を渡すのを忘れていたらしい。今週どうせ出掛ける必要が出てくるだろうので、その折に取りに行く旨を伝えた。

その後やっとこさ書き終わり、いつもの如く友人にメールを送信した。時間を見ると、15時47分。やべえ。郵便局に編入試験の受験料を振り込みに行くにはギリギリすぎる。歩いて15分くらいかかるからである。しかも私は現在絶賛足を痛めている。

仕方なしに明日振り込みに行くことにした。ついでに近所の図書館が予約していた資料で準備が出来たもののみの貸し出しを再開したらしいので、それも取りに行こう。

とはいえ郵便局に他に用はあるし、郵便局の方面にも用はある。それらのために出掛けることにした。夕方だからか、若干暑いものの耐えられないというほどではない。

郵便局でレターパックを買ったりなんだりしていたら、この郵便局とは思えないほど混雑していた。謎。郵便局を後にしてスーパーでちょっと買い物を済ませ、その近くにあるクリーニング屋でスーパーのバイトで貸与された制服のクリーニングを依頼することにした。と思ったらクリーニング屋もクリーニング屋とは思えないほど混雑していた。謎。3曲分聴き終わるまで店の外で待っていた。店が小さいというのもあるが、密になるのを避ける意図もある。私が持って行った制服が中々アレな物ばかりだったので店員も若干というか大いに悩みながら登録していた。結果1,000円くらいかかることになった。

一旦自宅に帰ってから某フリマサービスで売れた品を発送しに行く。夕方は割と過ごしやすいが、朝~昼過ぎは部屋の中でも汗まみれになる。今年は冷夏かと思ったがそうでもなさそうである。だが何となく厳冬になるような気もする。

  1. じゃあなんでFANBOX始めたんだよとツッコミを入れられそうだが、単純にコンテンツを拡充させるのが面白かったというのと、あわよくば生活の足しになればと思ったからである []

鯉王

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする