無職388日目

左の隣人は夜うるさいが、右の隣人は午前5時半ごろから目覚ましの音が1時間近く響き渡る。早く消せよと思うが人のことに口出しできるわけもなく。

そんな感じで目を覚まし、完全食の粉と昨日買ってきた牛乳で朝飯を済ませる。粉がなくなるまで暫く朝はこれだけだ。

今日は冷蔵庫と洗濯機が届くのでそれまで家にいる必要がある。

鯉王的三種の神器の二つが揃うので、一気に文明化した生活を送れるようになる。

午前に電話があり、届くのが昼過ぎになるとのこと。それまで買い出しに出かけることにする。

水や牛乳、すぐに食べられるものに加え、洗剤やトイレットペーパーなど生活に必要なものも購入した。

そこではたと自分の犯した過ちに気がつく。

水(2L)、牛乳(1L)、洗剤(約1L)、その他諸々。つまり重いということである。

またもや這々の体で帰宅し、図らずも筋トレする形となってしまった。

購入したものをあるべき場所に置きつつ、早速買ってきたサラダチキンを昼飯に食うことにする。

そうこうしていると業者の人がやってきたため、設置を見届ける。

割と部屋らしくなってきたところでまだ手をつけていなかった書籍関係に手を出し、ダンボールで本棚を作ることにする。

その際こちらのサイトを参照した。

5分で簡単!シンプルすぎるダンボール本棚の作り方:仲村屋の自然でユルイライフスタイル

本の整頓に疲れたため、近くのコンビニに出向き、明日の昼飯と今日の晩飯を購入した。

なんといってもファ〇マが徒歩3分、セブ〇レが徒歩4分のところにあるのが今回の住処の良いところである。しかしだからといって飯以外を購入しに行く予定はない。それでは昨年の二の舞になる。節目や区切りの良い時に飯以外を買うことにする。

帰宅後は明日訪れる予定の100均で購入するもののリストを作った。賃貸ゆえ制限のある中で、なるだけ快適に暮らすには100均は欠かせない。

今日は早めに風呂に入って寝ることにする。

鯉王

文系社会人を経ての無職。 本業は受験生、副業は無職文系。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする