無職394日目

朝から米を炊く準備をして、帰宅後に米が炊けるように予約してから家具屋に向かった。

新居から家具屋までは微妙な距離であり、歩けば片道約20分、かといって公共交通機関を使ってもそんなに大した時間短縮にならない(場合によってはより時間がかかる)ので、ちょっとした散歩気分で歩いて行くことにした。

とはいえ歩いている時間も勉強はできる。鉄緑会の単語帳のCDを聴けるからである。

家具屋に着くと、ゴールデンウィークだからか多くの人で賑わっていた。恐らく連休を使って家をイメチェンしたり家具を組み立てたりしようと考えている人が多いのだろう。

私は物干し竿の他に布団を干す用のはさみやらS字フックやらといった細々したものも購入することにした。

そして最近の家具屋や大型ショッピングセンターにはアロマオイルが置いてあるらしい(無印良品がその良い例だろう)ので、ここにもあるだろうと思って見てみると、ラベンダーのアロマオイルがあった。

しかし値段は小さな瓶で千円を超える。

恐ろしいが、紙魚の恐怖に比べればなんてことはない。

全て購入して店を出た。

ここでまた時間が絶妙に微妙である。公共交通機関を使うならば30分待つ必要があるが、歩けば20分ほどで済む(しかし手には物干し竿2本とその他諸々の荷物)。暫く逡巡し、どこぞの槍使いかよと思うような感じで物干し竿を携えて歩いて帰ることにした。

帰宅後物干し竿をセットし、飯を食う。紙片にラベンダーのアロマオイルを垂らしたら、紙魚の前にこっちがウッとなる程のラベンダー臭がした。

まあ無いよりはマシだろうと思ってダンボール本棚に紙片を仕込む。部屋の中に昼飯の肉の匂いとラベンダーの匂いが混ざり、エラいことになった。

風呂掃除を手早く済ませ、ついでに洗面台の掃除も行うことにした。掃除や炊事を考えると手間だが、それでも一人暮らしの方が気楽で良い。

文系社会人を経ての無職。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする